otsuyu425/yutotsu.hatenablog.com.com

ONE STEP

-ヤリタイコトをヤラナクチャ-

【初心者必見】あなたはきっと魂を揺さぶられるだろう。おすすめ邦ロックバンド7選

【スポンサーリンク】

f:id:otsuyu425:20161215165142j:plain

 

こいつらどっからどう見ても、全身全霊をかけて音を楽しんでる...。

 

そう、まさに【音楽】を体現してるんですよね彼らは。

 

邦ロックを聴いてみたいけれど、数えきれないほどのロックバンドがいるがゆえに、どこから手をつければ良いのか悩んでいるあなた。

 

安心してください!

今回は音楽というものに全く精通していないぼくだからこそオススメできる、めちゃくちゃカッコイイ7組のバンドマンを、初心者目線でわかりやすく紹介します! 

 

 1. SHANK (シャンク)

f:id:otsuyu425:20160816225306j:plain

気分が落ちた時なんかに聴くと、ぐっと一気に引き上げられる。

眠気も吹き飛ぶ、とにかくテンションの上がる曲づくし!

SHANKの曲は、思わず踊り出したくなるようなハイテンポな曲調のものが多いです。

 

実際にフェスなんかでは、決まった曲が流れ出すと、みんなが全身を使って小刻みにリズムを刻んで踊り始めます。

側から見てたら、ほんとにわけのわからない宗教団体。笑

 

でも、それほどまでに、人を、ファンを、惹きつける音楽性が彼らにはあるんだと思います。

 

2004年に長崎で結成されたスリーピースバンドのSHANK。

本人たちは、こう豪語しています。

SHANKの音楽には特にメッセージ性はなく、「でっかい音で遊びたいだけ」と。

自分たちの『好きなこと』だけを追求する音楽は、やはり人の心をグッと掴むものがあるのかもしれませんね!

 

*踊り狂うリスナーに注目!聴いたらあなたもはまるはず!

youtu.be

 

2. Hawaiian6 (ハワイアンシックス)

f:id:otsuyu425:20160816232112j:plain

個人的に、LIVE後に「あー楽しかったなマジで」と心底感じさせてくれるのは彼らHawaiian6が1番です。

 

ロックフェスで彼らのLIVEを何回も体感しましたが、言葉では表せない、なんとも不思議な感覚を覚えます。ココロが踊るってこういうことなのかなと。

 

その証拠に、最初から最後まで会場のみんなが踊り狂い、カラダとカラダをぶつけあって、その空間の楽しさを各々が表現をします。

LIVE後には、Tシャツが絞れるくらい汗でビチョビチョに。

あのおしくらまんじゅうの空間から解放された時の爽快感が、本当にクセになるんですよね!あなたにも味わってもらいたい!

 

日本を代表するパンクロックバンドであるHi-STANDARDのコピーバンドとして結成されたHawaiian6

今では、自主レーベル「IKKI NOT DEAD」を設立し、精力的に全国ツアーを行い、多くのファンを魅了しています。

 

Hawaiian6の楽曲の中で、最も代表曲であり、ぼく自身も大好きな曲が「Magic」とい曲。

この曲は結婚式のエンディングソングなんかにも使われる程に、とてもメッセージ性が強く、人生の縮図を表現するかのような名曲です。

 

この曲を、今や日本の誰しもが知っているアーティスト『SEKAI NO OWARI』によってカバーされたことが、いっとき話題となりました。

 

しかし、カバーと言えど本家の曲調のみをカバーし、歌詞は全部SEKAI NOOWARI によってアレンジされたもの。

 Hawaiian6のファンたちは大激怒したのは有名な話です。

 

ぼく自身はそれぞれに個性があって良いと思いますけど。笑

でもやっぱり、圧倒的にHawaiian6のMagicが好きですね。

 

*代表曲Magic。ぜひ聴いてみてほしい。

youtu.be

 

3. HEY-SMITH (ヘイスミス)

f:id:otsuyu425:20161215165957j:plain

正直、彼らのLIVEは1回しか見たことがありません。

というか、その時に初めて聴いたんですよね。そして、そのたった1回のLIVEでどハマりしました。

 

HEY-SMITHの特徴は、なんといってもサックス・トランペット・トロンボーン3種の金管楽器をロックに織り交ぜているところ。

マジでめちゃくちゃカッコイイんです!初めて聴いた時は衝撃を受けました。

 

彼らが奏でる音楽は「スカパンク」というといジャンルで、金管楽器を主体にしたゆったりとしたムーディな音楽とパンクが融合した音楽。

 

自分の中で邦ロックに管楽器っていう発想が今までなくて、そういうバンドに出会ったことがなかったんですよね。

でも、初めて聴いた時にすごく新鮮な気持ちを覚えて、LIVEあとに彼らの曲を全部ダウンロードしました。笑

 

ギターボーカル猪狩の男らしい野太い声と、ベースボーカルYujiの中性的な声が、うまくマッチしているのも、彼らHEY-SMITHの魅力でもあります。

 

バックで金管楽器を奏でるメンバーも、演奏はもちろんのこと、楽器を弾いていない時の圧巻のライブパフォーマンスで、見てるファンを魅了します。

彼らを見てると、なんだかすごく気持ちが良くなりますよ。

 

*圧巻のライブパフォーマンス。いかす。

youtu.be

 

 

4. dustbox (ダストボックス)

f:id:otsuyu425:20161215170016j:plain

ぼくが邦ロックというジャンルにハマったキッカケのバンドが、このdustbox

スノーボードに行く道中の友達の車の中でずーっとかかっていた。 

 

ギターボーカルのSUGAの甲高くも透明感のある歌声は、1回聴くと耳から離れません。

 

dustboxの赤黄緑それぞれのカラーをした、3枚のアルバムがあるのですが、はっきり言ってハズレがありません。全部良いんです。

頭から最後まで流しっぱなしです。笑

 

そして、dustboxの何が1番の魅力かなって考えた時に出てきたのが「メロディー」という言葉。

音楽の専門的知識は皆無なぼくですが、なんとなくdustboxの曲にはキャッチーなメロディーのものが多い気がします。ついつい鼻歌を歌いたくなるようなそんな音楽。

 

ぼくがdustboxの中で1番好きな曲は『Tomorrow』という曲。

彼らの曲は全て英語です。でも、和訳を読むと、実はすごくロマンチックな意味だったりします。

 

Tomorrowのサビの一節

明日なんか来なかったらいいのに

一人で帰りたくないよ

明日はもうすぐそこにいる、僕はまた一人で旅に出なきゃいけないんだ

この最高だった今日を明日に連れて行くよ

君と僕は違う道に進む、でもこれはハッピーエンディングなんだ 

 

楽しいことがあった1日の終わりにこの曲を聴いてみてください。明日もまた頑張ろう!そんな気分になれること間違いなしです。

 

*最近のシングル曲。ほら、夢は叶うよって自らで表現している。

youtu.be

 

5. ELLEGARDEN (エルレガーデン)

f:id:otsuyu425:20161215170031j:plain

このバンドの1番の魅力は、間違いなくギターボーカルである細美武士の歌声でしょう。

声質は中性的ながらも、時に力強く発せられる声。

この声に酔いしれている世の女性もきっと多いはず。

 

ギターロックを展開しつつ、英歌詞がメインの曲が多い。

そして、なんと言っても、英語の発音がめちゃくちゃ良い!聴いていて、すごく心地が良いです。

女の子とドライブする時は、このELLEGARDENを選曲しておけば、まず間違いないでしょう。

 

20代の人たちにとって、ELLEGARDENは伝説のロックバンドと言っても過言ではないはずです。

それほどまでに、日本の若者を熱狂させ、そして突如として活動停止してしまいました。

彼らが活動停止したのは2008年。実際、ぼくがELLEGARDENを聴き始めたのは、活動停止した後でした。

なので、一度もLIVEを見たことがありません。

 

でも、ボーカルの細美さんはブログでこんなことを綴っています。

 

活動再開をこの世界で誰よりも待ち望んでる。

なんにせよ、俺は俺であり続けるだけだ。Supernovaで始まるライブで約束果たす日までな。

 

生で見られるチャンスはまだあるかもしれませんね。

彼らが復活したら日本が震えますね。間違いなく。笑

あー、生で聴きたい!!!

 

*みんなが熱狂しているのが見てわかる。めちゃくちゃカッコイイ。

youtu.be

 

6. WANIMA (ワニマ)

f:id:otsuyu425:20161215170053j:plain

ロックなんだけど、なんだかココロが温まるような。

一度彼らの曲を耳にすると、いつのまにかハートフルな気持ちになります。

それが、WANIMAの音楽です。

 

最近では、Mステやめざましテレビなんかのメディアにも取り上げられ、邦ロック界では、今もっとも人気のあるバンドは間違いなく彼らでしょう。

 

ぼくが最近行ったロックフェスでは、唯一入場規制がかかり、グッズ販売においては早朝から並んでいる人たちでひっきりなしでした。

そのくらい今ノリにノッているバンドということですね。

 

 WANIMAの曲は全て日本語歌詞で、かつストレートでキャッチーなわかりやすい歌詞なので、邦ロック初心者にはうってつけです!

 

エロティックなふざけた曲から、歌詞がそのまますーっと心にしみるような感動する曲まで、バラエティに富んだラインナップがリスナーを楽しませてくれます。

 

*この曲はどストレートで、言っていることはすごくシンプル。

だからこそ、伝わってくるものがある。

youtu.be

 

7. 10-FEET (テンフィート)

f:id:otsuyu425:20161215170105j:plain

彼らの存在をもっとみんなに知ってほしい。

本当に、純粋に、ただただ素敵なバンドです。

 

京都出身のスリーピースバンドである10-FEET

10-FEETの1番の魅力は、なんと言っても、ギターボーカルTAKUMAによって書きおろされた深い意味を持つ歌詞、さらには彼自身の人間性にあります。

 

10-FEETのLIVEを見てると、クライマックスあたりで、涙がこぼれそうになります。

どこか切なくて、でもしっかりとした愛が彼らの曲からは伝わってくるんですよね。

 

そこらへんにいるような、ただのロックバンドじゃない。

 

 

ぼくはTAKUMAが発するコトバが大好きです。すごく暖かいんです。

 

 

 

どのコトバも、等身大のぼくらの心に響くモノばかり。

 

10-FEETのLIVEでは、TAKUMAがMCを務めます。

ぼくらリスナーは、毎度のごとく彼のコトバに感化され、何かを思い、そしてそれを明日への糧にします。

 

彼の純粋無垢なコトバは、もちろん楽曲にも反映されていて、聴くだけでエネルギーが湧いてきて、いつもあなた心の拠り所になってくれるはずです。

 

*ここまで人の心を動かすバンドはそういないはず。

とにかく見てほしい。見たらわかる。

youtu.be

 

とにかく全部聴いてほしい

これはぼくからのお願いです。

ぼくが今回紹介したバンドをとにかく全部聴いてみてほしい。

 

はまるかはまらないかは別として、彼らが全力で『音楽』を表現している姿は、人として、何かを感じ取れるはずです。

 

この7組のバンドの中から、あなたが大好きなバンドが見つかれば幸いです。

 

以上、【初心者必見】あなたは魂を揺さぶられるだろう。おすすめ邦ロックバンド7選、でした!